So-net無料ブログ作成
検索選択

smart outdoor watch WSD-F10にシステムアップデートが配信開始 [ガジェット全般]

本日、自分の使ってるCASIO smart outdoor watch WSD-F10に、早くもシステムアップデートが配信されて来ました
IMG_20160330_180008.jpg
IMG_20160330_180026.jpg
IMG_20160330_180040.jpg
アップデートが完了すると、ビルド番号はMEC24Eとなります
公式ホームページにもシステムアップデートについての案内は出ていますが、
内容ついては触れられていません
いわゆる動作向上(と言う名のバグ修正(笑))の為のマイナーアップデートってヤツですね

CASIO smart outdoor watch WSD-F10インプレッション [ガジェット全般]

存在を今日知って、朝、家電量販店に電話して在庫確認して取り置きをお願いして、
今日の昼過ぎには購入してたCASIOのsmart outdoor watch WSD-F10の簡易レビューです

いやぁ、また衝動買いです(^^;)
Huawei Watchやgear S2のレビューとか情報漁ってたら、
今朝、偶然見つけてしまって、国産、そして発売されたばかり、且つ、ネット通販では軒並み予約完売とか見ると、
そりゃ、ガジェット好きの血が黙っていませんでした…
20160107-casiowatach (19).png
いかにもって感じでゴツいです
でも、そのゴツいのがいいんですよ
もう自分のハート鷲掴みでした(笑)
20160107-casiowatach (18).png
そして、CASIOオリジナルのwatch faceもありーの…
20160107-casiowatach (7).png
もちろん、防水
5気圧防水です

さて、さっそく開封していきますよー
まずはパッケージ
IMG_20160327_193551.jpg
なんかチープですよね
moto360でさえ、もっと高級感ありました
Huawei Watchなんかの箱なんて箱だけでいくらするの!?ってくらい高級感を醸し出してましたが…
この箱は…なんとも言えないくらいちゃちい…あれ?(´・ω・`)


そしてスルスルと横にスライドさせると…また箱(笑)
IMG_20160327_193600.jpg
もうこんなちゃちい箱を何回も見せるなってば(´・ω・`)


さらに箱を開けるとやっとご対面~
IMG_20160327_193607.jpg
………ちゃちい
色がオレンジのせいもあって、なんか子供の戦隊ものや仮面ライダーとかの変身グッズの中身みたいなんっすが…(笑)
箱の中にセンスのないシールとか止めて下さい、CASIOさん…
ふと思ったんだけど、CASIOさん、Android wear端末って事で、
購入者層がガジェヲタって事で少し軽く見てる??
こういう玩具の箱みたいなのにしてりゃ満足するだろって思ってた??(´・ω・`)
次回があるなら、高級路線でお願いします…
箱開けるところから高級品、満足感を得れるようにお願いします…
この前のブログにも書きましたが、特についこの前Galaxy S7 edge購入して、
あのパッケージに感動したばかりだから余計に…
パッケージから商品だと思うんですよねぇ…
そして、そのパッケージの気合いからメーカーの本気度が伺える…と思います


端末向かって左側に充電端子とセンサー…
IMG_20160327_193613.jpg
充電端子は専用端子です…
ケーブルはUSBケーブルですが本体に挿さるところは専用端子…
CASIOさん…専用端子にする必要ありました?
普通にmicro USB端子で良くないっすか?
一応、家電メーカー特有の、コードに引っ掛かったらすぐハズれるようにマグネット端子になってますが…
国産端末ってなんか時代と逆行してるような気がするんですよねぇ…
専用端子なんかにしたら、いざという時充電出来ないっふよ…
あくまで時計なんだから、コードに足引っ掛けたってなっても電気ポットが倒れてん大変!とかにはならないんだから…
汎用のmicro USBで良くないですかねぇ…



さて、続いて向かって右側側面…
IMG_20160327_193620.jpg
3つの物理ボタンがあります
上からtoolボタン、戻るボタン、いわゆるホームボタン(電源ボタン兼ねる)、APPボタンとなります
APPボタンには好きなアプリを登録出来て、ワンタッチで登録したアプリが瞬時に立ち上がります
これってなかなか便利ですよね
toolボタンは自然環境の変化など、アウトドア・スポーツに必要な情報を表示する機能ボタンです
コンパスや高度メーター、気圧メーター、日の出日の入り等々、引きこもりのインドアな自分には全く持って必要ないボタンになりそうです(笑)
20160327_211336.jpg


端末裏側…
IMG_20160327_193637.jpg
smart watchの多くに付いてる心拍数とか測ってくれる装置などはありません


付属品…
IMG_20160327_193630.jpg
マニュアルやケーブルなど…
専用端子ケーブル…(`_´)


smart outdoor watchってくらいだから、ゴツくてもsmart watch本体を強固に守ってくれる端末筐体…
MIL規格準拠だそうで、アウトドアでのタフなシーンに持ち出せるよう、米国防総省が制定した米軍の物資調達規格MIL-STD-810Gに準拠で、落下、振動など、
様々な環境下における試験をクリアされてるそうです

海外製smart watch、ゴリラガラスやサファイアガラス使おうが、側面とかすぐ傷つくようなヤワな筐体だけど、
コイツは違いますよ

ジオン兵『さずがゴックだ!なんともないぜ』(誰も覚えてない台詞だろ、おいw)

このオレンジ色の部分の強固で落下の衝撃でもビクともしないガンダリウムガンマみたいな(笑)素材で…
…あれ?
強固な素材で…あれ?

強固じゃないわぁ…これ…
ちょっとでもぶつけたらすぐ傷つくどころじゃなく擦り傷とか色剥げとかすぐするわぁ(´・ω・`)
sensorとかtoolとかAPPとかの印字も、これ、すぐ剥げるやつやんかぁ…たぶん(´・ω・`)

ディスプレイはなんと二層構造ディスプレイ!
モノクロ液晶とカラー液晶を重ねた二層構造のディスプレイを搭載
太陽光下でも見やすいモノクロ液晶で時刻を常時表示し、
必要に応じて表現力豊かなカラー液晶で各種情報を表示
2つの液晶を使い分ける事で、シーンに応じて常に優れた視認性とのこと!
これはいいですよ!
カラー液晶がスリープすると通常のsmart watchだと、
スリープ用の簡易常時表示の画面になって、さらに見難いけど、
このsmart outdoor watchだと、カラー液晶から専用のモノクロ液晶にスムーズに以降して、
常時表示でも時刻など見難くなることもありません!
もちろん、手首をクルっとすると、サッと色がつくカラー液晶になります、これは見事!
モノクロ液晶だと常時表示でも電池消費を抑えられます
20160327_211422.jpg

20160327_211433.jpg
このように二層構造ディスプレイのモノクロ液晶の方で表示されるので(二層ディスプレイと言うことで、上がカラー液晶、下がモノクロ液晶かと思ってたら逆だそうで…不思議(^^;))、
この画像のように端末の液晶の方にクッキリ常時点灯表示されます
でも、この機能、もちろん二層構造ディスプレイ対応の専用watch faceのみでの事です…(^^;)
通常のストアからダウンロードしたwatch faceはいつもの通りです
でも、一つ凄い専用watch faceが…

(Flashプラグインの関係で動画が再生出来ない方はこちらからご覧下さい)
Android wear端末を使ってる方はわかるかと思いますが、
アンビエントモード(常時点灯)に移行すると、
Android wear端末は1分間に1回の更新になるのですが、
このCASIO smart outdoor watchは、アンビエントモードに移行しても毎秒更新してます!
これは何気に凄いことですね
二層構造ディスプレイを巧いこと使って、アンビエントモードに入るタイミングで、
モノクロ液晶へ切り替えてるんでしょうか…
まぁ、デフォルトで入ってるこのwatch faceしか毎秒更新のwatch faceはないんですが…(^^;)
アップデートなどで、アンビエントモードで毎秒更新するwatch faceが追加されるのなら凄いと思いますが…それは無理なんだろうなぁ(^^;)



さて、衝撃に強いこのsmart watch、液晶のガラスはもちろん…
あ、あれ?これ、ゴリラガラス??サファイアガラスでは間違い無くない…
記載がない…

いく 耐落下衝撃を謳ってても、端末の筐体が割れたり液晶ガラス割れたら…意味なくないっすか…??

端末の素材、ガラスの素材の記載が見当たらないんですよねぇ…

と、なんかネガティブっぽく書きましたが、
設定やいろんなwatch faceダウンロードしたものをセットしてみたりガッツリ数時間使っても電池残量61%残ってたので凄いなと…
何もしてないmoto360なんて、何もしてないにも関わらず電池残量76%…(^^;)

しこも!電池がヤバい!って時になったらタイムスピードモードなるものにすると、
純粋に時計だけになり、電池消費を抑えられます
フル充電からだとひと月、このモードで使えるらしいです

Android wear、まだまだ動作がモッサリしてて使えねー
設定画面でさえもたつく(by moto360(笑))とかありましたが、
このCASIOのsmart outdoor watch、そんなストレスになることは皆無でした(半日使用で…ですが)
何より、時計としてまともに使えるようになってることが一番のウリ
いや、当たり前のようで、なかなかバッテリー気にせず、そして時計として安心して使えるAndroid wear端末って、ありそうで無いんですよね…
Tizen OSのgear s2もサクサクでバッテリーの保ちもいいとの事ですが、
あれはAndroid wear端末ではないし、何よりオリジナルアプリ、そして日本語対応の物が皆無ですからね…

もし、次のバージョンアップ端末が出るのであれば、
二層構造ディスプレイはそのままに、ディスプレイの性能アップ(今回のTFT液晶はお世辞にも素晴らしいとは言えない…)、
スピーカー機能などにも対応すれば、完全な神機になれるんじゃないか?と思います
いや、今でも現行Android wear端末としてはサクサク度、しっかりと時計としても使えると言う意味ではトップクラスと言うかトップでは?と思います
(って、自分はapple watch、moto360、初代gear sくらいしか使ってませんが(^^;))

あ!もちろん、次はパッケージにも高級感出して下さいね、CASIOさん(笑)


店員さんの話では、やはり店頭でも問い合わせも多く売れてるようです
初回分売り切れると次回分は4月末入荷とかになるそうなので、
興味のある方、購入を迷ってる方は、店頭で見つけたら購入しといた方がいいかも…知れません
Android wearがここまでサクサク動くと思ってなかったので、
自分としてはかなりお気に入りになりました(^_^)ノ

急遽、CASIO smart outdoor watchを購入して記事を書いたので、
Galaxy S7 edge用のアクセサリーの記事書けませんでしたが、
次のブログ記事では、Galaxy S7 edgeのLEDケースについて書きます~

あー、保護フィルムどうするかなぁ。。。

キズ自己修復保護フィルム Smart Outdoor Watch WSD-F10

キズ自己修復保護フィルム Smart Outdoor Watch WSD-F10

  • 出版社/メーカー: PDA工房
  • メディア: エレクトロニクス



衝撃吸収保護フィルム Smart Outdoor Watch WSD-F10

衝撃吸収保護フィルム Smart Outdoor Watch WSD-F10

  • 出版社/メーカー: PDA工房
  • メディア: エレクトロニクス



衝撃吸収保護フィルム Smart Outdoor Watch WSD-F10

衝撃吸収保護フィルム Smart Outdoor Watch WSD-F10

  • 出版社/メーカー: PDA工房
  • メディア: エレクトロニクス



防気泡・防指紋!光沢保護フィルム『Crystal Shield Smart Outdoor Watch WSD-F10』

防気泡・防指紋!光沢保護フィルム『Crystal Shield Smart Outdoor Watch WSD-F10』

  • 出版社/メーカー: PDA工房
  • メディア: エレクトロニクス



速報!CASIO smart outdoor watchを管理人はまた衝動買いw [ガジェット全般]

smart watchの新しいのを欲しくなって、
gear s2とhuawei watchで迷ってて、
レビューサイトとか見まくってたら、
3月25日に国産CASIOがsmart outdoor watchなるものが発売されてるじゃないですかぁ!
もちろんAndroid wear対応
Theme_jp.jpg
CASIO smart outdoor watchの詳細はこちらのリンクからどうぞ

なにやら、2層構造液晶で、Android wearの方が電池切れしても、
通常の時計として時計機能は1ヶ月持つとか!
良いじゃないですか!
2層構造液晶とかもうそれだけでガジヲタの管理人は死にそうです(笑)
液晶はTFT液晶で発色はあまり良くないと思いますが…

で、なかなか予約完売してるところも多いようで…
ってことで、そういうのを見ると欲しくなるのが
ガジヲタの管理人w

速攻でエディオ 広島本店の時計売り場にさっき電話したら…
希望の色、一つだけ在庫ありますって!
『じゃあ、今日買いに行くので取り置きお願いします』
って速攻で告げてました(笑)

ってことで、後ほど買いに行って来ます~
あ、ちなみに管理人はoutdoor派ではありません(爆)

はぁ、また衝動買いの無駄遣い(;´Д`)

Galaxy S7 edge購入… [android]

さてさて…
遅ればせながらGalaxy S7 edgeを購入しました

もう今年はガジェットの衝動買いはしないと決めたのに、
もう毎月のように増えて行ってます…。゚(゚´Д`゚)゚。
さらにgear S2かhuawei watch買おうかと思って、
このブログ書き始める前にhuawei watchの安いところ見つけて、
ポチる寸前まで行きましたが、いやいやいやいや、待て待て…
今、使いにくいけどmoto360もある訳だし、
apple watchも初代gear Sも売ったじゃないか…
SONYのsmart watchなんて2台もほこり被ったまま使わなくなったじゃないか…
と言うのを思い出して、無理矢理我慢しました(笑)
そして、気を紛らわせる為にブログ描き始めたという…(^^;)


さて、本題
Galaxy S7 edgeですが、Xperia Xが守りに入ってて面白くないし、その他のメーカーには興味ないし…
って事で消去法でGalaxy S7 edgeに…
Mi5のpro版も気になって中華サイトのショッピングカートには今も入ってますが…w
まぁ、買わないでしょう
Galaxy S7 edgeのレビューと言うか触った感想ですが、
ちゃんとしたレビュー記事は他の素晴らしいレビューサイト、ブログで確認して下さい(笑)
あくまで素人目線のきままな素人レビューですから(*´∀`)


Galaxy S7 edgeはプロセッサがExynos 8890とsnapdragon820版の2種類がありますが、
自分は酷評されてるsnapdragon820版を使いたかったので、
snapdragon820版を購入検討してたところ、ちょうど良いタイミングで安く手に入れる事が出来たので、購入しちゃいました

もういろんなところでベンチマークも出てるので、ここでは今更画像貼りませんが、もう10万超えたら、12万だろうが、
13万だろうが、通常使用で困ることも違いを感じる事はありません

もう結論書きますが、Galaxy S7 edge、購入してとても快適でストレス溜まることもなく、買って良かったです
おそらくキャリアから出る夏モデルでもダントツの性能になるんではないでしょうか?
韓国だから~って毛嫌いされなければ、購入されてもいいんじゃないでしょうか…(^^;)

20160326_153105.jpg
Galaxy S7 edgeパッケージ


20160326_153152.jpg
パッケージは横からペコッと開くタイプですが、
なんと!マグネットが仕込まれて、ペコッと開く部分はマグネットでしっかり閉まる豪華なパッケージです(笑)

20160326_153125.jpg
Galaxy S7 edge本体とご対面…

20160326_153301.jpg
電源入れて設定をしてたら、アップデートファイル降って来ました…

今回のGalaxy S7 edgeは防水機能、そしてmicro SDスロットが復活してます
(デュアルSIM仕様ですが2枚目のSIMかmicro SDかどちらか排他仕様となってます)

Galaxy note5も使ってましたが、同じ4Gメモリでも、サクサク度が全く違いました
とにかくGalaxy S7 edgeはもたつく感が全くないんですねぇ…
いや、本当に凄いです
指紋認証機能も、ホームボタンがnote5よりも一回り大きくなってるのと、認証精度も上がってるようで、
気持ち良く指紋認証が効きます

ただし!
edgeディスプレイ…そんなに必要でしょうか?(笑)
ここだけは認めれない(笑)
確かにGalaxy note edgeよりはedgeの部分小さくなって、
無理にedgeディスプレイを使うんじゃなく、アクセント的になってるとは思いますが(Galaxy S6 edgeは使ったことありません)、
自分的にはedgeディスプレイの必要性は感じられないです…
edgeディスプレイに被る端の方にある文字なんか誤入力何回もしますから…
自分はATOK派なので左右のキーボード幅をedgeに掛からないように狭めてますけど…

ってことで、次の記事では、Galaxy S7 edge純正ケースらのLED VIEW COVERを購入して装着したので、
そのアクセサリーについて書きたいと思います
変態ガジェット好きにはこのケース堪らないっすわ(笑)
いや、ケースとしてではなく、くだらない機能をわざわざつけてくれる純正ケースってのが…(^^;)
国内メーカーではもう、こんな無駄なところに拘ったアクセサリーとか出してくれるメーカーないしなぁ…。゚(゚´Д`゚)゚。










apple発表会 [apple]

本日午前2時、予定通りappleの発表会がありましたね
起きてリアルタイムに観られた方も多いと思います
僕は1時30分に起きたのですが、まだ少し時間あるなと横になったら、
次に起きたら3時30分頃で、ちょうど終わったところでした(笑)

まぁ、大方の予想通り、iPhone SEとiPad pro9.7がメインでしたね

iPhone SEはiPhone 5に似たような筐体をしながら、中身はほぼ最新
ほぼ最新ってのはところどころ廉価部品使ってるようなので…
一番の懸念は、Touch IDが1世代前…(´・ω・`)

まぁ、4インチの小型端末が欲しいって声は根強くありましたから、
これが売れたらAndroid端末でもまた小型端末がたくさん出て来るかも知れませんね

そして、iPad…
これまたほぼiPad proの小型版
ところどころは現行iPad proを上回っているようで…
売れるんでしょうけど、apple pencilはやはり12.9インチの現行iPad proでこそ真価を発揮すると思うんですよね…
A4原稿サイズに手書き文字が書けると言うのが…
まぁ、9.7インチもapple pencilに対応したと言うことで、
対応アプリが増えていくことは喜ばしいことですが…

と、言いながら、Galaxy S7 edgeを買う気になってなければ、iPad pro9.7に突撃してたと思いますが(笑)
まぁ、Galaxy S7 edgeを買う気になった理由はまた書きますが…(^^;)

そして、iOS9.3
起きたら発表会終わってましたが、配信されてたので、
早速、人柱としてダウンロードしてインストールしてみました
IMG_0007.PNG

まだインストールしたばかりでほとんど触ってませんが…
night shift…要らない…
ブルーライトカット?いやいや、あんなくすんだ画面の色で触りたくない…余計に見辛い…
一応、night shift時の色味を変えることも出来ますが、
一番薄くしてもダメっすわ…
ってことで、速攻オフ

あとは、メモアプリのセキュリティが向上してたりしてますが…

でも、今回iOS9.3にして、自分的に一番良かったのは、
ロジクール製キーボードとiPad proのレスポンスの改善
β版の時から治ってるとは聞いてましたが…

これまで、smart connector対応のロジクール製キーボードだと、
入力に遅延と言うか、ブラインドタッチしてると、キー入力の取りこぼしが多々あったのですが、
iOS9.3になってキー入力の取りこぼしがない!
まだあまり使ってないので、ガッツリ使ったらどうかわかりませんが…
とりあえず、このレスポンスの改善だけでもかなりの収穫です
結構、キーの取りこぼしでストレス溜まってたので…

と、言うことで、iOS9.3は本日より配信中ですが、
すぐに飛び付くとバグが取り切れてなかったりもするので、
慎重な方はいろいろな報告のあとアップデートして下さい
そして、iPhone SE、iPad pro9.7は24日から予約開始、31日発売です

そして自分はと言いますと…
iPad pro9.7のスルーは決定で、こんなものをポチってみました…
届くのはiPhone SEたちの予約開始日である、24日の予定…
Samsung-Galaxy-S7-Edge-led-view-cover.jpg

肝心のGalaxy S7 edge本体の到着日は未定ですが(笑)

日本時間22日午前2時… [雑談]

今回はなんのレビューなど無しでただの雑談です(笑)

日本時間22日午前2時からappleの発表会…
ガジェット好きで、こんな素人ブログを見て頂いてる方々は、
多くの人がリアルタイムでappleの発表会見られるんでしょうね…
自分も起きられたら見ますけど(笑)

主なものはiPhone SEとiPad pro9.7でしょうか…
iPad proを最近手に入れたので、サイズくらいしか違いが無ければ、一応、スルーしようと考えてますが、
発表会見たりしたら欲しくなるんだろうなぁ…(^^;)
でも、サイズ違いなだけなら絶対買ったらアホですしね…
なんか付加機能ついて無い限り買わないように我慢しよう…

巷では意外とGalaxy S7、Galaxy S7 edge、評判が良いようで…
スナドラ828とエクシノスでバッテリーの持ちが1割くらい違う…ってのはあるみたいですが…
評判良いのと、Xperia Xが守りに入ってて今回、見劣りしてるので、
買うとしたら今回はGalaxy S7 edgeかなぁって思ってます
自分は韓国、Samsungだから宗教的理由で買わないってのは思わないので(^^;)
韓国ってだけで選択肢に入らない方もたくさんおられるようですが…
Galaxy S7 edgeは販売される地域などで型番がいろいろあり、先述した通りスナドラ版だったりエクシノス版あったりします

で、Twitter見てたら別の型番に買い換え検討されてる方がおられたので、
別の型番に買い換える事が決まったら、今、使われてる端末を譲って下さいとお声をかけさせてはもらってます(^^;)
って、事で、もしかしたらGalaxy S7 edgeも買うかも知れないんですよねぇ…

さすがにiPad pro9.7もGalaxy S7 edgeも手に入れるのは散財過ぎますしね…(^^;)

はぁ…物欲押さえますように(笑)










ASUSさん、そしてzenfone2 [android]

さてさて、今回はまずASUSさん、本当にありがとうございます
ってお礼を。。。

いや、ZenTour 2016に参加させてもらって、
いろいろとお土産頂けたのですが、さらに追加で参加者へスタッフさんが今回着てるTシャツと同じものもプレゼントとして、
スタッフさんがL、M、Sとサイズを聞きながら1人1人に配って頂いたのですが。。。

そして自分はと言うと。。。
『あのー、すみません、体でかいのでサイズXLないっすか(^^;)』
会場にクスクスと笑いが(笑)
いやいやいや、俺以外にも絶対Lじゃ小さい人いたでしょー!。。。たぶん(笑)
いや、貰えるなら着たいじゃないですかー(笑)

そしたら、スタッフさんが、1、2週間待ってもらうことになりますが用意して送ります!と。。。
なんと言うサービスでしょう(^^;)
会場にはそのサイズないので後でスタッフさんに住所伝えて下さいと言われたんですが、
いや、そんな1人の為に送ってもらうのも気が引けるので、
実は何も言わずわざと帰ったのですが。。。

3月11日、ASUSさんから荷物が…
開けてみるとなんと会場で配られたTシャツが!!
20160312_115348.jpg
サイズはXL!!
何も言わずに帰ったのに、座ってた席から調べてわざわざ作成して送ってくれたのかぁ!
それもこんなに早く!
ここまでユーザーを大切にしてくれるメーカーさんって今のご時世、なかなか無いですよ…
ASUSさんがすっげーすきになりました(笑)
もう一生ついて行きます、サポーターになります
ファンクラブのZenfanの会員にして下さい。゚(゚´Д`゚)゚。

さて、zenfone2ですが、快適に使えてます
届いたケースもとてもzenfone2と相性が良いようで、メイン端末として十分使って行けそうです
なんたって5.5インチの大画面のフルHD、液晶も綺麗で見易い
大きくて片手操作出来なさそうな女性でも片手操作用に便利な設定が!
Screenshot_2016-03-13-20-27-42.jpg
文字通り片手操作モード
まぁ、これだけだと他の大画面端末でもあるんですが…
Screenshot_2016-03-13-20-28-00.jpg
こんな位置や
Screenshot_2016-03-13-20-28-48.jpg
こんな位置に指で引っ張って好きな位置に持っていけます
どうでもいいようで、実はなかなか便利な機能だと思いますよ
自分は手が大きいから必要ない機能ですけど~(笑)

画面上から下に引っ張ると他のAndroid端末のように通知領域の通知が出て来ますが、
さらに上から下に引っ張るとASUSオリジナルのショートカットメニューが
Screenshot_2016-03-13-20-29-09.jpg
もちろん、自由にショートカットメニューは入れ替え出来ます
端末メーカー純正のメモリ解放ショートカットメニューもありますね
設定画面も他のAndroid端末とは違ってオリジナル構成が目立ちます
少し笑えるのは
Screenshot_2016-03-13-20-29-39.jpg
邪魔しないで下さいってメニュー(笑)
これ、ASUSさんの茶目っ気でわざとなのか…
それとも本当に自動機械翻訳の手抜きなのか…(^^;)
もちろん機能は手抜きじゃなく、着信とか通知を決めた時間鳴らさないとか細かく設定出来ます
他の端末と違ってASUSさんオリジナルの設定たくさんあって、なかなか楽しいです

そして最後にASUSさんのzenfone2でビッグなプレゼントが隠されてます…
これ、zentourのスタッフさんも言われてなかったけど、
これこそ、声を大にして言っておいた方がいいような…(^^;)
Screenshot_2016-03-07-22-07-05.jpg
zenfone2からGoogleドライブにアクセスすると、上の画面のように、100Gのストレージが2年間の期間限定ですがもらえます!
これ、以外と大きいプレゼントですよ
zenfone2を手に入れたらぜひGoogleドライブにアクセスしてみて下さい!

正直、zenfone2って、格安SIM用のSIMフリー端末でしょ
このシリーズ買うなら高くても有明メーカーの端末買うわって思ってました
現に、SIMフリー端末はXperia Z5 premiumやGALAXY note5、Nexus6P等、価格が高い端末を好んで購入してたのですが、
zenfone2は作りもしっかりしてるし、
20160308_210518.jpg
こんな感じで高級感凄く高いし、Xperia Z5 premiumやGALAXY note5等、高価な端末と並べて置いても遜色ありません
やはりメーカーが拘りを持って作った端末は価格は関係なく、素晴らしい端末を作り上げれるんだなぁ…と
メーカーの端末への愛で全然違うんだなぁと実感しました
あとは!
Android 6.0、marshmallowのアップデートが始まって来てるので、
zenfone2にも出来るだけ早めのOSアップデートをお願いしたいですね
そして、marshmallowだけじゃなく、Nexus6PやPixel Cで今、βプログラムに参加してAndroid Nで使ってますが、OSレベルで凄くサクサクになってるので、
出来る限りOSアップデートを長く続けてもらえればと思います
ASUSさん!一生ついて行くので頼みますよ!!(^_^)ノ








zenfone2あれこれ… [android]

記事公開時、zenfone2って書かないと行けないのに、
タイトルがzenwatch2になってたw
いやぁ、zenfone2かま欲しくなっちゃってて(笑)

なんかzenfone Goなるものも発売されるとか…
zentour2016ではまったく触れられてなかったなぁ…

でも、zenシリーズって言うかzenfone ○○ってシリーズで出し過ぎじゃない?って思うんですよねぇ…
いや、知名度があるならまだいいんですよ
ディスる訳ではないんですが、zenシリーズってまだまだ知名度低いと思うんですよ
ASUSってメーカーは自作PCとか詳しい人はパーツメーカーとしても知名度あるかも知れませんが、
まだまだスマホ関係ではメーカー名もブランド名もこれからだと思います…

それなのにzenfone5、zenfone2、zenfone2 Laser、zenfone zoom、zenfone Max、zenfone Go…
もう、どれがフラッグシップで、どれかミドルクラスなのか…
これじゃ、ライトユーザーが気軽に選べないのではないかと…
20160220_zentour2016.png

zenfoneブランドで展開されたいASUSさんの気持ちはわかるんですけどね
でも、これだとブランドの安売りでマイナスな気が…

よく、ゲームメーカーが、安易に売れるからって、末期にこのパターンやるんですよ
セガのソニックシリーズ…
せっかくセガの看板キャラに育ったのに、ソニックシリーズ・ザ・ヘッジホッグ、そして2までは面白かったのに、
大人の事情でどんど 開発期間短くして3だとかソニック&ナックルズとか、ソニックじゃなくていいのに、ソニックピンボール(笑)、ソニック&セガオールスターズとか、ソニックファイターズとかもうね、ソニックである必要ないものまで(笑)
他にもソニックシリーズたくさんあります
最近ではマリオもファイナルファンタジーも、ドラクエも、名前だけ冠したものたくさんですが…

って、話が逸れた…(笑)
とにかく、もうzenfone、たくさんシリーズがあるだけじゃなく、短期間で出過ぎ(笑)
無理にzenfoneって名乗らなくても、zenなんとかってzenシリーズのブランド名もう一つくらい作って、
フラッグシップ、ミドルクラス、タブレット、 smart watchくらいで名前分けて出せば整理しやすいし、
ユーザーもわかりやすいと思うんですが…

まぁ、独り言です(笑)


さて、やっと本題、
今回はzenfone2のケース、Amazonでポチったものが届いたのでそちらを紹介

ポチったのはAmazonのこちらの商品




いろいろ探した中ではこれがカッコいいかなぁと思いまして…
純正の手帳型ケースも考えたのですが、やはり、zenfone2の拘りのある背面は見えてる方がいいと思ったので…

Amazonでポチって2日後にはゆうパケットにて届きました
ダンボールを開けて、取り出すと…

20160312_115102.jpg
なかなか簡易パッケージ…ちょっとイヤな予感が走る…(笑)
20160312_115128.jpg
パッケージを開封すると、さらに袋に入ってました(笑)
色はクリアグレーです
色は薄いグレーです
画像で色が濃いく付いてるように見えるのは紙の台紙(しかもzenfone2のゴールドをイメージした台紙)が入っているので色が付いてるように見えるだけです

Screenshot_20160310-193930.png
裏側…

20160312_115222.jpg
開封して装着しました!
どうです?
なかやかいい感じのケースと思いません??
薄くグレーが入ってるのでただのクリアと違って高級感が増した感じに見えます(自画自賛ですが(笑))

20160312_115243.jpg
装着してケースの厚みはこんな感じ
zenfone2は高SPECなんですが、とても軽いのですが、
このケースを付けてもそれほど重量が増えるわけでもなく、
ケースのおかげで滑りにくく、zenfone2のフォルムも損なわないので持ちやすさは変わらず、それよりもさらに持ちやすくなりました

20160312_115306.jpg
上部のヘッドフォン端子を覆う事が出来て完全に防御します
もちろん、ヘッドフォンを使う場合、そこのキャップをパカッと外してヘッドフォンもすぐに使えます
自分はBluetoothで繋ぐので開けることは二度とないと思いますが…(^^;)

このケース、一応フィルムも付いてますがあくまでオマケの為、使い物にはならないと思います(笑)
中途半端な大きさで…(^^;)
画面保護は別途保護フィルムを買われた方がいいと思います
自分はガラスフィルム一択ですが…

と言うことで、ケースもなかなか当たりのケースで、
これでzenfone2を本格的に使って行けそうです!
ケースどれにしようか迷われてる方、おられましたら
候補に入れてみて下さい

Android NでついにPixel Cが本領発揮!! [android]

3月10日。。。
ついに。。。ついに肩身の狭い想いをしてきたPixel Cが。。。
本領発揮!!
そりゃ、もう、ガンダム大地に立つ!くらい衝撃的!!
pixel cにやっと光が。。。

我々は3年待ったのだ。。。(byアナベル・ガト 。。。って、3年もPixel Cは待ってないわw)

Screenshot_20160310-191320.png
これこれ!!
見て下さいよぉ
Android Nで念願の2画面マルチがPixel Cで!!

すっげーっすわぁ

現在、Android N βテストプログラムが行われていて、ブートローダーアンロックなど、面倒な作業しなくても、
Googleのページから登録すること Android NβバージョンがOTA配信されます

登録ページは下記からどうぞ
Android N βテストプログラム
βテストなので、不具合も満載ですので、致命的な不具合で動作に支障が出ることもあるので、
各自、自己責任にてどうぞ
対応端末はNexus 6PやPixel CなどのGoogle端末となります

Screenshot_20160310-175525.png
登録してしばらく待つか、自分で設定から更新チェックをすると、Android N βテストプログラムが降ってきます
そしてインストール開始。。。
無事インストール終わって再起動すると。。。

Android Nに!!
Screenshot_20160310-193406.png

最近、Xperia ZシリーズなどもAndroid5.xから6.0.xのmarshmallowにアップデートがあったので、
6.0.xにした方も多いかと思いますが、Android Nはかなり大きく変わっています
βテスト版Android NのAndroidバージョンは6.xシリーズではなく、Nとなっています

いろいろなところ が変更されていますし、OSレベルでもとてもサクサク動いて気持ちいいですよ
変更点などは詳しくは専門のプロブログさんで紹介されてるので、この素人ブログでは、
管理人が感じた素人の素直な感想のみでご了承下さい(笑)


ちなみにNexus 6PにもAndroid Nをインストールしました
Screenshot_20160310-175530.png
Nexus 6Pの方が少しだけサイズが大きくて1G越えてます

おなじく2画面マルチ
Screenshot_20160310-193930.png
もちろん、2画面マルチでも縦持ち横持ちで見れます
ちなみに基本画面は縦持ちなら上画面、横持ちなら左画面が基本画面となります

おっと
肝心の2画面マルチにするのは履歴ボタン(現行Nexus端末なら右下の四角いボタン)を長押しすることで2画面マルチになります
ちなみに履歴ボタンを短くタップすると直前に使ってたアプリに瞬時に切り替えます

いやぁ、どんどん便利に使いやすくAndroidは進化して行ってますね
今回のアップデートは本当に凄いなぁって素直に感動しました
(2画面マルチもだけど、本当にOSレベルでも動作が軽くなってるんですよ)

満足満足(^^)

下記のガラスフィルムは前にもブログで紹介しましたが、
今回の端末には凄く合う、良い商品で買って間違いないですよ
安心して下さい!ステマじゃないですよ!(古っw)







zenfone2ベンチマークの驚愕の結果が…!! [android]

さて、ASUSさんのイベントに参加させてもらい提供してもらったzenfone2を使ってみてですが…

ネットではバッテリーの持ちに難ありとか見ましたが、
自宅から職場に持参してTwitterやらweb閲覧などそれなりにしましたが、自分の環境下では十分でした
ただ、途中から減り始めたら一気に減るな…とは感じるかな…とも思います(^^;)

動作の方もメモリが4Gでサクサク(と体験会でスタッフさんが力説されてました)です
動作もサクサクで軽いですが、zenfone2の端末もASUSさんがモンスタースペックと言われてる端末ですが、
高性能ですが軽いです
出勤中は、現在Xperia Z premium、Nexus6P、このzenfone2を持ち出してます(iPad Proもありますが(笑))
その中でzenfone2、軽くて持ちやすくていい感じです
まぁ、まだzenfone2にケース付けてないので、
ケースを付けたらまた感想は変わるかとも思いますが…
Nexus6Pがケースのせいもあってか一番重いです(^^;)
でも、やはりGoogle謹製端末、さすがに使い易いので一軍として毎回持ち出してます

おっと、zenfone2のレビューレビュー(^^;)

やはり便利なのはスリープ時、画面タップでオン
画面点いてる時にタップで画面オフ
これのお陰で電源ボタンに触れる必要ありません
だから、電源ボタンは上部の指のなかなか届かない位置にあっても問題ありません

このスリープ状態で画面をトントンとタップすると
20160309_205701.jpg
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
20160309_205717.jpg
ほら、この通り
まぁ、この画面が点くだけならXperia Z5 premiumも出来るんですが、
再度、トントンとタップすると画面消えるのは地味に便利です
。。。。。。ダブルタップで画面がスリープ状態になるのはNexus launche3DとかNova launcherなどのホームアプリの設定でも出来るのは…内緒だけど(@_@)
あ、でも端末単体でその機能があるzenfone2の方がキビキビ反応して間違いなくいいですよ、これは本当に!

で、体験会でメモリ4G推しでスタッフさんがこれも力説されてたので、
同じメモリ4GのGALAXY note5とantutuで比較してみました
ついでにNexus6Pもね

その結果!!!

第1位は!!
Screenshot_2016-03-08-20-02-57.png
ジャジャジャン!!
メモリ4Gのgalaxy note5が堂々の1位!!

あ、あれ?(^^;)
ま、まぁ、モンスタースペックでもgalaxy note5の方が価格はモンスター級だったしね…
次だ、次行ってみよー!

第2位は!!!
Screenshot_20160308-195449.png
ジャジャジャン!!
メモリ3GのNexus6P!!!
え?あれ??
ま、まぁ、さすがにGoogleブランド…メモリ少なくても最適化が上手いんだろうなぁ…
って、おい!
zenfone2のレビューで、ASUSさんにも記事読んでもらうのに…zenfone2を提供してもらってるのにネガキャンかよ!
こんなことじゃ、次回のイベント呼んでもらえないぞ!。゚(゚´Д`゚)゚。
…いやいや、このブログでは商品券提供されたからって捏造記事は書けないので(笑)

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ! byポルナレフ
4eb1716b.jpg
zenfone2のantutuスコア…
Screenshot_2016-03-08-19-54-41.jpg
うーん…相手が悪かったのか…

でもね、ベンチマークのスコアが=サクサクって訳じゃないんですよね
実際、ベンチマーク1位のgalaxy note5、実際使ってると、結構ストレス溜まるんですよ…
サクサク感がイマイチ…(あくまで個人的感想です)
あとバッテリーも意外とすぐ無くなる…
使ってないのに朝フル充電でも夜には充電切れ間近になるので…
だから、職場に持って行く一軍から外れて今は二軍落ちしてます(^^;)

このベンチマークの3機種、使ってみてのランキングは
第1位 Nexus6P
第2位 zenfone2
第3位 galaxy note5
となります

Nexus6Pは、一度手放したんですが、あのザクザク度が気持ち良くて64GのNexus6Pを買い直しましたからね…
それくらい魅力的な端末で現在、一番よく使ってるスマホになります

そして同じくらい…と言うと言い過ぎですが、気持ち良く使える端末はzenfone2…
サクサク動いて、zenfone2も気持ち良く使えてます
まぁ、まだダウンロードしたアプリも少ないので、今後もう少し使い込んでみたら評価は変わるかも知れませんが、
galaxy note5よりはサクサク気持ち良く使えるので第2位です

今回、ベンチマークは測りませんでしたが、一軍としてXperia Z premiumも一軍です
理由はおサイフケータイ機能があるので…
特に今月3月はローソンで買い物したらdカード登録してると100円でdポイント5ポイント+id支払いで+2ポイント+請求時総支払時3%還元で超お得
zenfone2にもおサイフケータイなど載ってきたら面白いんですが、そこはSIMフリースマホ、そうは行かないのが現実ですが…
国内メーカー端末が一軍なのがおサイフケータイ機能があるからなんとか一 ってのはなんとも…
国内端末にも頑張って欲しいところです

おっと、また脱線した

ベンチマークは残念な結果となりましたが、実際使ってみるとzenfone2はなかなか使いやすいように調整されてて、
逆にスコアは低いのになんでこんなに快適に動作するんだろう?って不思議なくらいです
まさにカタログに書いてある、

他では出来ない体験を。

の通りの体験が出来ます。
なんたって価格も他の2機種より全然安いんですからね

と言うことで今回はこのくらいにして、
なんでzenfone2はベンチマークがそんなに高くないのに、
快適に使えるのか…

そして、Amazonで
81iZ+snpy-L._SL1500_.jpg
このケースをポチってみたので、届いたらそれらも含めてレビューしてみようかなって思ってます

値段もそれなりに安いし、装着してもzenfone2のフォルムを損なわずガードしてくれそうです
金曜日到着予定でーす